読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tak0kadaの何でもノート

発声練習、生存確認用。

医学関連は 医学ノート

libDDGのコンパイル

離散外微分で利用できそうなプログラムなどが公開されているのでそれを利用する準備をする。

今回やったこと

山田先生のブログで言及されているzipファイルのプログラムが動作することをひとまず確認したい。

Freeglut、Suitesparseの導入

sudo apt-get install freeglut3 freeglut3-dev
sudo apt-get install libsuitesparse-dev
# sudo apt-get install libspqr1.3.1 

Makefileの修正

レポジトリに立っていたissueを発見(要するにここの情報だけきちんと確認していれば瞬殺だった)。

DDG_INCLUDE_PATH = -I/usr/include -I/usr/local/include 
DDG_LIBRARY_PATH = -L/usr/lib -L/usr/local/lib 
DDG_SUITESPARSE_LIBS = -lspqr -lumfpack -lcholmod -lmetis -lcolamd -lccolamd -lcamd -lamd -lm -lsuitesparseconfig -lrt

に変更。

プログラムの修正

Camera.hの#include <GLUT/glut.h>#include <GL/glut.h>に書き換える。

(後から気付いたがissueでは/usr/include/GLUTに../GLのシンボリックリンクを貼っているのでそちらの方が一般的な解決策かもしれない。)

後はmakeするだけ。

f:id:kuyata:20141210183136p:plain

参考

OpenGL

Makefile

次にすること