読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tak0kadaの何でもノート

発声練習、生存確認用。

医学関連は 医学ノート

不連続な関数f(θ, Φ)の球面調和関数展開

球面上に分布する不連続な値を球面調和関数展開するコードを書いた。

以前書いた球面調和関数とその可視化 - tak0kadaの何でもノート連続な関数f(θ, φ)の球面調和関数展開 - tak0kadaの何でもノートの離散版。他の人の書いたコードの上で実装していて、Mesh、Quaternion、Vector、Face、Vertexクラスがいい感じに定義されているものに組み込めるように書いた。オブジェクトの方には副作用がないようにして、1関数にまとめてあるので今後このコードをいじるのにも影響しにくいはず。ドキュメントはShapeMove/document.pdf at master · statgenetJimu/ShapeMove · GitHubに置いた。

<2016/9/29追記>
頂点ごとに対応する面積があるはずだが、重心ベースにするかは考慮の余地がある。
</追記ここまで>

今回書いたもの

Catch使いやすくてよかった。