読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tak0kadaの何でもノート

発声練習、生存確認用。

医学関連は 医学ノート

CGALのサンプルを実行する(その2)

C、C++ かたち

前回の記事に続いてCGAL 4.8 - Point Set Processing: User Manualを実行してみる。aptで拾ってきたcgalだとバグがあるようで型エラーが取れなかったのでgithubからダウンロードしたソースコードをビルドして利用した。

ビルド

zipファイルを展開してから、

# 前回のcgalのインストールで依存ライブラリはすでに入っている
cmake .
make DESTDIR=~/cgal/cgal install

以下../cgal-master/Point_set_processing_3/examples/Point_set_processing_3で作業する。

ファイル修正

  • 行頭に#define CGAL_EIGEN3_ENABLED

コンパイル、実行

clang++ -std=c++11 -I/home/vagrant/cgal/cgal/usr/local/include/ -I/usr/include/eigen3/ -I/usr/include/ -lCGAL -lboost_thread -lboost_system -lgmp -lmpfr normal_estimation.cpp
./a.out data/camel.off meshed_camel.xyz
./a.out data/camel.off meshed_camel.xyz -estimate vcm

あとは昨日の記事と同じように、poisson reconstructionして可視化する(github由来だと、/cgal-master/Poisson_surface_reconstruction_3/)。

結果

  • 元のデータ

  • 計算後

前足は比較的保存されているが、後ろ足は癒合したりちぎれたりしている。