読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tak0kadaの何でもノート

発声練習、生存確認用。

医学関連は 医学ノート

RのためのTex環境のセットアップ in Ubuntu 14.04 (trusty)

tex R 環境設定

Tex環境のセットアップ in Ubuntu 14.04 (trusty)の続編。

vignetteを使わない場合はそのままで良いが、vignetteを使う場合はRnwファイルがコンパイルできないといけない。

RStudio(Windows)でSweave(.Rnw)を使って一発でpdf作りたいに従ってluatexを使うように設定する。

echo "Sys.setenv(RSTUDIO_PDFLATEX="/usr/local/texlive/2014/bin/x86_64-linux/lualatex")" >> .Rprofile

これでpdfのコンパイルができるようになる。

…start using Sweave, from scratch!によると、texi2dvitexi2pdをダウンロードしてきて、/usr/binにおいておけば良いらしい。

chmod 755 texi2*
sudo mv texi2dvi /usr/bin/texi2dvi
sudo mv texi2pdf /usr/bin/texi2pdf

devtools::build()するにはもう少し設定が必要で、texi2dviはbashを利用するようになっているので、

cat >> .profile
# set PATH to luatex
export PATH=/usr/local/texlive/2014/bin/x86_64-linux:$PATH

これでビルドできる。ビルド自体はSweaveでもknitrでも可能なので好きな方を選べば良い。

参考

ネット上のパッケージをビルドしたいだけで余分なことをしたくない場合は、devtools::install_github("somepackage", build_vignettes=FALSE)とすれば一応ビルドだけはできる。