読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tak0kadaの何でもノート

発声練習、生存確認用。

医学関連は 医学ノート

「Think Stats」第7章を読んだ

第7章は仮説検定について。マンガでわかる統計学のレベルにようやく達しつつある。

英語 日本語 意味
significant 有意 統計的に偶然では起こりえないこと。
null hypothesis 帰無仮説 見かけ上の効果が偶然のものだと仮定した上でモデル化したもの。
alternative hypothesis 対立仮説 ある予想が事実だという仮定。作業仮説とも言う。
p-value p値 ある事象が偶然に起こる確率。
hypothesis testing 仮説検定 見かけ上の効果が統計的に有意なものか決定するプロセス。
false positive 偽陽性(第1種過誤、\(\alpha\)過誤) 観測された効果が存在しないのに本物だとみなしてしまうこと。(帰無仮説が真なのに棄却してしまう過誤。)
false negative 偽陰性(第2種過誤、\(\beta\)過誤) 観測された効果が存在するのに偶然だとみなしてしまうこと。(対立仮説が真なのに棄却してしまう過誤。)
two-sided test 両側検定 大小の方向は考えず「観測された程度に大きさの効果が生じる確率」で有意なものか検定する。
one-sided test 片側検定 大小の方向を考えた上で「観測された程度の大きさの効果が生じる確率」で有意なものか検定する。
cross validation 交差検証、交差検定 データの一部で解析を行い、残りで検証する方法。
training set 訓練データ(学習データ、教師データ) 仮説を定式化するために用いるデータ。
testing set テストセット 検証に用いるためのデータ。
test statistic 検定統計量 見かけ上の効果と偶然の効果の違いを測るための統計量。
chi-square test カイ二乗検定 検定統計量に\(\chi^{2}\)統計量を用いる検定。
likelihood ratio 尤度比 尤度の比。ベイズ推定の結果を事前確率によらず報告するために用いる。
cell セル \(\chi^{2}\)検定で測定結果を分類したカテゴリー。
power 検出力 帰無仮説が誤っている時にその仮説を棄却する確率。