球面調和関数とその可視化

球面上のポテンシャルなど極座標表示できるものを関数$f(\theta, \phi)$と表すとする。離散データは容量がかさばるのと特徴をつかみにくいという問題点があるので何らかの方法で連続化して表せると良い。そこで用いられる方法の一つが球面調和関数による展開である(他には球面ウェーブレット変換などもあるらしい)。 以下…