読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tak0kadaの何でもノート

発声練習、生存確認用。

医学関連は 医学ノート

分布について - 「Think Stats」第4章

様々な分布の定義を確認して、実際のデータが分布に従っているか確認する方法を見ていく。連続分布に従って生成される実際の分布は離散的なので\(\rm PDF\)は使い勝手が悪い。\(\rm CDF\)について考える。

任意の連続関数に従って乱数を生成する - 「Think Stats」第4章

numpy.randomにはたくさんの関数が用意されていて分布だけでもかなりの種類があるが、今回はそれ以外の関数について値を得たい場合について考える。 実装 cdf-1(random.random_sample()) とすればいい。

生存時間解析について -その2(定式化、その他)- 「Think Stats」第2章

生存時間解析の定式化 生存時間解析は興味のあるイベントが起こるまで観察し、その時間について考察を加えるものである。 \(S\)、\(F\)、\(s\)、\(f\) 生存時間解析でまず最初に観察されるのが、ある時間\(t\)以上生存する確率を表す生存関数\(S(t)\)と、\(t…

生存時間解析について -その1(可視化)- 「Think Stats」第2章

RのsurvivalパッケージにあるcolonはStage B/Cの結腸癌患者を対象とした術後補助化学療法の比較臨床試験データ。pythonを使ってこのデータの生存時間解析をやってみる。まずは可視化から。 colon.csvの様子 id,study,rx,sex,age,obstruct,perfor,adhere,node…

numpy.meanの実装が分からん

ThinkStatsの著者はテキスト中に現れる関数をpythonスクリプトで配布している。ところが実際にはこれらの関数の大半はnumpy,scipyで実装されている。実際どのようにして実装されているか調べたところメインの計算過程がCで実装されているらしいことが分かっ…